長崎市にお住まいで急な転勤が決まった方へ!マンション売却のポイントをご紹介!

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市にお住まいで急な転勤が決まった方へ!マンション売却のポイントをご紹介!

会社勤めしている方の中には、急に転勤することになる方もいらっしゃいますよね。

その際、お住まいのマンションを売却するか迷われる方も多いと思います。

この記事では、長崎市にお住まいで急な転勤が決まった方へマンション売却のポイントをご紹介します。

転勤前に売却するか転勤後に売却するか

転勤が決まってマンションを売却するとなったときに、転勤前か後のどちらで売却すべきか迷われる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは転勤前か後かでの違いをご紹介します。

まず1つ目の違いは、売却価格です。

転勤前の場合は、期間も短くなり価格は安くなりやすいです。

一方転勤後は、売却期間を考えることなく納得のいく額で売却できるまでたくさんの購入希望者と交渉できます。

2つ目は、経済的負担の違いです。

転勤前だと、住宅ローンの返済額がなくなり経済的負担は軽くなります。

一方転勤後では、転勤先での住まいにかかる費用も発生するので、経済的負担は大きくなります。

転勤時にマンション売却で注意すべきポイント

転勤が決まったときは、さまざまなことを行う必要があるため、大変ですよね。

マンションを売却するかどうかを悩まれる方もいらっしゃると思います。

ここでは、転勤が決まってマンションを売却するかご検討されている方へ、3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、住宅ローンが残っているかということです。

基本的には住宅ローンが残っている場合は、抵当権が抹消されていないため、マンションの売却はできません。

その理由は、抵当権の設定されている物件は買い手にとって購入のリスクがあるからです。

そのため、ローンが残っていて自己資金だけでは返済しきれない場合は、マンションの売却した代金で不足分を補うと良いでしょう。

2つ目は、マンションの売却を依頼する会社の選び方です。

マンションの売却をする際は、依頼する不動産会社の選び方が重要です。

会社や担当者次第で売却額も変わってくるので、実績があって信頼できるところを選ぶと良いでしょう。

3つ目は、転勤先が国内か外国かということです。

転勤先が国内のどこかであれば、売却するタイミングをそこまで深く考える必要はありませんが、外国である場合は転勤前に売却することが多いと思います。

転勤前に売却ができなかった場合は、買取という方法もあるので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

今回は転勤が決まった際にお住まいのマンションを売却する際のポイントについてご紹介しました。

転勤は突然決まることが多いと思うので、しっかりとした準備はできないかもしれません。

ただ、転勤時のマンションの売却における知識を知っておくことで、柔軟に対応できるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。