長崎市に在住の方へ!離婚を機にマンションを売却するか判断する際のポイントをご紹介!

離婚を機にマンションの売却をお考えになること、ありますよね。

その際、売却しても大丈夫か不安になることもあると思います。

今回は長崎市にお住まいの方へ、離婚を機にマンションを売却するか判断する際のポイントについてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

離婚を機にマンションを売却するか判断する際のポイントについて

離婚すると夫婦で一緒に住まなくなるのですから、現在住んでいるマンションの売却をお考えにもなるでしょう。

ここでは、その際に本当に売却するべきかどうかのポイントについていくつかご紹介します。

まず、住宅ローンがどのくらい残っているかを確認することです。

住宅ローンの残債がどのくらいあるかは、借りている金融機関に問い合わせると確認できます。

次に、自宅の不動産がどのくらいの金額で売れるのか査定してもらいます。

不動産の査定は、信頼できる不動産仲介会社に行ってもらうと良いでしょう。

査定の際は、売りたい金額ではなく、現実的に売れる金額を教えてもらうようにしてください。

そうしないと、見込んでいた金額で売却できなかったためにローンの返済が思うようにできなくなる可能性も考えられます。

はっきりした金額の名言を避けるような場合は、上限と下限の金額を聞いておいて、その間の金額を目安にすると良いでしょう。

査定してもらったら、その査定額とローンの残債額のどちらが大きいかを把握します。

不動産の査定金額が住宅ローンより大きい「アンダーローン」になるか、住宅ローンの残債額の方が大きい「オーバーローン」になるかを確認します。

また、登記費用や仲介手数料などの諸費用についても不動産会社に算出してもらうようにしましょう。

不動産の売却を行う際は、これらのポイントを十分考慮しておくようにしてください。

離婚後に関わりをもちたくない場合はマンションの売却がおすすめ

離婚した後もマンションを売却せずに、住んでいる妻子のために夫がローンを支払い続ける場合も中にはあります。

しかし、別れた相手と間接的に関係をもつのは、お互いに負担がかかるでしょう。

そのような場合は、離婚を機にマンションを売却して現金化してしまえば、金銭面の問題などもなく関係を絶てます。

そのため、離婚して相手と関わりをもちたくない場合は、売却してしまうことをおすすめします。

まとめ

今回は離婚を機にマンションの売却をお考えの方へ、売却すべきか否か判断するポイントをご紹介しました。

迷われている方は今回ご紹介したことをぜひ参考にしてみてください。