不動産売却で売れない場合の対処法とは?長崎市の不動産会社が解説します

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

不動産売却で売れない場合の対処法とは?長崎市の不動産会社が解説します

「不動産を売却したいが、なかなか買い手が見つからない。」
とお思いの方はいませんか。
そこで今回は、不動産売却で売れない場合の対処法とやってはいけない3つのことを解説します。

不動産が売れないときに見直すべきこと

不動産が売れないときに見直すポイントは、4つあります。

1つ目は、不動産の販売活動状況の確認です。
不動産会社は、不動産情報をインターネット媒体や新聞の折込チラシを通して発信し、売買の成約に向けた活動や売主に売買の進捗状況を報告しています。
売主は、不動産会社の活動や報告を受け取るだけではなく、不動産への問い合わせ数やインターネットに掲載されている広告の閲覧数を詳細に把握しておく必要があります。
不動産会社の活動に改善を求める場合には、担当者と話し合い、活動の修正を要求しましょう。

2つ目は、不動産の魅力が伝わっているかの確認です。
内覧があるものの売買契約に結びつかない場合、不動産の魅力が内覧者に伝わっていない可能性が考えられます。
内覧者によい印象を与えられるように、水まわりの掃除や部屋を明るく見せる工夫といった快適な内覧環境を準備しましょう。
不動産の魅力を伝える際には、不動産自体の魅力だけではなく、不動産の周辺の魅力を伝えることも大切です。

3つ目は、適正価格で売り出されているかの確認です。
不動産が売却されない原因として、売却価格が高く設定されていることが挙げられます。
不動産の売却が進まない場合、売り出している不動産と近隣の不動産の相場を比較しましょう。
売却価格と相場価格を客観的に判断することで、不動産を適正価格に修正できます。

4つ目は、媒介契約の種類や不動産会社を変更する、ということです。
媒介契約とは、不動産を売却する際、不動産会社に買主と売主の仲介役を依頼する契約のことです。
媒介契約には3つのタイプの契約があり、それぞれ長所と短所があります。

不動産会社にも、中古不動産の売却が得意であったり、マンションの売却が得意であったりと得意分野があります。
不動産の売却が進まない場合、媒介契約の種類と不動産会社選びが、売主にとって最適な選び方であるかを確認することをおすすめします。

不動産が売れないときにやってはいけない行動

不動産が売れないときに、行ってはいけない行動が2つあります。

1つ目は、リフォームすることです。
基本的にリフォーム費用を売却価格に上積みすることは難しく、リフォームをしても売主にとって損になるケースが多いです。
不動産の購入後のリフォームを検討している買主も多いため、売主側でリフォームを行わない方が賢明です。
しかし、美装(ハウスクリーニング)は別です。
専門業者によるハウスクリーニングを行い商品の価値を上げることは早期売却に繋がります。

2つ目は、一戸建ての不動産を取り壊すことです。
地域や場所によって、古い家の方が需要が多いエリアが存在します。
そのため、築年数が経っている不動産であっても、不動産の取り壊しは行わない方が賢明です。

これらの2つの行動は、基本的におすすめしません。

まとめ

不動産売却で売れない場合の対処法とやってはいけない3つのことを解説しました。
当社は、不動産の売却に関して、お客様のご希望、ご要望に沿った売却プランを提案いたします。
長崎市で不動産の売却をお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。