長崎市で不動産の売却をお考えの方へ!よくある悩みについてご紹介します

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市で不動産の売却をお考えの方へ!よくある悩みについてご紹介します

「不動産の売却について、いろいろ不安や悩み事がある」という方はいませんか。
不動産を売却する際には、いろいろな悩みがつきものです。
そこで今回は、よくある不動産売却時の悩みとその解決策について長崎市の不動産会社が紹介します。

よくある不動産売却時の悩み

不動産売却の際には、さまざまな悩みがつきものです。
不動産の状態は不動産ごとに違いますし、家族構成や家族のライフバランスに応じて、生じる悩みは人それぞれです。
逆に「悩みが見当たらないことが余計に不安だ」という方もいるかもしれません。

今回は、不動産を売却する際、よく挙げられる2つの悩みを紹介します。

1つ目が、売却開始から1年以上もの間、買い手が見つからない不動産をどうするべきか、という悩みです。
「不動産を売りに出してから長い期間が経っているのに、なかなか売買契約がまとまらない。」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

2つ目が、築年数の経っているマンションは、売却するためのリフォームを行うべきか、という悩みです。
「古いマンションは、リフォームしなければ買い手が現れないのではないか。」
「リフォーム費は、売却価格に上積み可能なのか。」
とお考えの方も多いのではないでしょうか。

よくある不動産売却時の悩みの解決策

不動産売却時の悩みには、一定の対処法や解決策があります。
今回は、よくある2つの悩みの解決策を紹介します。

まず、売却開始から1年以上もの間、買い手が見つからない不動産をどうするべきか、という悩みの解決策を紹介します。
不動産が1年以上売れない原因として、売却価格が高く設定されていることが挙げられます。

不動産の売却がスムーズに進まない場合には、売り出している不動産と近隣の不動産の相場を比較することをおすすめします。
そうすることで、売却価格が相場よりも高い価格なのか低い価格なのかを客観的に判断し、適正な価格を設定できるでしょう。

個人の住宅であれば、業者に買取を依頼するのもいいのでしょう。
買取であれば、売主と不動産会社の間で売買契約を締結するだけで済みますし、売却よりも円滑に不動産を現金化できます。


次に、築年数の経っているマンションは、売却するためのリフォームを行うべきか、という悩みの解決策を紹介します。
結論から述べると、築年数の経っているマンションを売却する場合、リフォームを行う必要はありません。
ただし、買い手に対するマンションの印象を上げるために、最低限の修繕は行いましょう。
マンションの劣化が激しい部分や汚れが目立つ部分をピンポイントで修繕することで、マンションを相場に近い値段で売却できます。

修繕は、リフォームを行うよりも費用対効果が大きいです。

マンションを含む不動産を売却する際には、リフォームより修繕をおすすめします。

まとめ

よくある不動産売却時の悩みとその解決策について長崎市の不動産会社が紹介しました。
当社は、不動産売買に関するお客様のお悩みに真摯に向き合い、対応致します。
お困りのことやご相談がありましたら、なんなりとお申しつけください。