実家を高く売却するためには?査定の手順や注意点について紹介します!

「実家の売却を検討している」
「なるべく高く査定してもらうにはどうしたら良いのだろう」
このようにお考えの方も多いと思います。
今回は、実家を高く売却する方法について、査定の手順や注意点と併せて紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

□実家を高く売却するための査定の手順

実家を売却する際は、以下の手順で行われます。
・相続登記
・遺品整理
・査定
・相場調査
・媒介契約
・販売開始

実家の売却をする際には、まず「相続登記」をして登記簿謄本の名義を変更します。
名義変更の義務はありませんが、相続登記をしないと所有者がわからなくなってしまいます。
遺産分割協議が終わったら、できるだけ早い段階で相続登記をして名義変更をしておきましょう。

次に遺品整理を行いましょう。
少しでも実家を高く売るためには、家の中のものをなるべく少なくしておくことが大切です。
相続関係者としっかり話し合ってルールを決め、円満に遺品整理をしましょう。

実家の中のものがなくなったら、査定と売却の準備に入ります。
実家の査定方法には、「簡易査定」と「訪問査定」の2つの方法があります。

簡易査定とは、物件には足を運ばず情報だけを不動産会社に送って査定してもらう方法です。
訪問査定とは、実際に物件を見て査定してもらう方法です。
事前の片づけや遺品整理をしっかり行っておくことで、査定額が高くなります。

不動産会社に任せきりになるのではなく、売主も売却相場を調べておくと良いでしょう。
調べた相場価格と査定額に大きな差がある場合、その理由を尋ねられるからです。
相場を調べる際には、近隣エリアの過去の取引実績を調べたり、工事価格を調べて参考にしたり、固定資産税評価額を調べて目安にする方法があります。
過去の取引価格を調べる際には、国土交通省の「不動産取引価格情報検索」を活用すると良いでしょう。

不動産会社に提示された査定額に納得できたら、媒介契約を結びます。
媒介契約とは、不動産会社に売却活動を任せるために結ぶ契約のことです。

最後に、売り出し価格を決めて販売を開始します。
売出価格とは、初めに設定する販売額のことです。
買主との交渉を経て値下がりしたり、なかなか売れずに価格を下げたりすることもあるので、必ずしも売り出し価格で売却できるとは限りません。

売出価格を低めに設定すれば早く売れますが、損をしてしまう可能性があり、高めに設定すると多くの利益が出る分買い手が見つかりにくくなります。
希望の売却価格や売却時期などを考慮して、売り出し価格を決めましょう。

□実家の査定額を決める項目

実家の売却をする際の査定額は、以下の5つの項目で決められています。
・築年数
・交通アクセス
・周辺環境
・土地の形状
・間取りや眺め

実家の査定額を決める最も重要な項目といえるのが、築年数です。
どれほど立地の良い土地や面積の広い土地でも、築年数が古くなっていくごとに価値が落ちていきます。

交通アクセスも、査定額を決める重要な項目です。
同じエリア内では、駅や都市へのアクセスが良いほど査定額が高くなる傾向があります。

実家そのものの評価だけでなく、周辺環境も査定額を決める要因になります。
近くに医療施設や商業施設が多い場合は評価が高くなり、買い物に不便な場所や騒音が激しい場所は評価が低くなります。

実家の建っている土地がどのような形状をしているかも、査定に影響があります。
長方形や正方形の「整地」と呼ばれる土地が最も評価が高く、三角形や旗竿地のような不整地は評価が低くなる傾向があります。
また、間取りや窓からの眺めも、査定時の評価に加わることがあります。

□実家を売却する際の注意点

*早めに売却する

実家の売却をする際には、いくつかの控除や特例を受けられる可能性があります。
しかし、控除や特例には期限が定められているので、なるべく早く売却を進める必要があるのです。

また、実家の持ち主が認知症や寝たきりの症状になってしまうと、手続きが進められなくなる可能性もあります。
加えて、現在不動産価格が下落しているエリアが多くあります。
これらの理由から、売却を検討している場合は、なるべく早く実家を売りに出した方が良いのです。

*空き家として放置しない

家は、誰も住んでいないと劣化のスピードが速くなってしまいます。
人が住んでいると、定期的に掃除をしたり、生活の中で換気をすることで空気の循環が行われたりするので、カビや湿気の発生が抑制されています。
しかし、誰も住んでいない家では、どんどん家の劣化が進んでしまうのです。

空き家のまま放置してしまうと、雨漏りやシロアリの被害に遭ってしまう可能性もあります。
空き家として放置することはやめ、なるべく早く売却しましょう。

□まとめ

今回は、実家を高く売却する方法について、査定の手順や注意点と併せて紹介しました。
実家を高く売る際には、査定の前に家の中を空っぽにしておくことが大切です。
また、実家の売却を検討し始めたら、空き家として放置せず、なるべく早く売却活動を始めましょう。
長崎市・時津町・長与町周辺で実家の売却を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。