長崎市でマンションの売却をお考えの方へ!平均の売却期間についてご紹介します

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市でマンションの売却をお考えの方へ!平均の売却期間についてご紹介します

マンションの売却には「適切な売却期間」があることをご存知ですか?
適切な売却期間を設け、その期間内での売却を目指すことが、マンションを早く売却するためのコツです。
そこで今回は、長崎市の不動産会社が、マンションの売却期間について詳しく解説します。

マンション売却に要する期間の相場

マンションを長期間同じ価格で売り出していると、マンションの購入を検討している人に「あのマンションは欠陥があるから売れ残っている」という印象を与えかねません。
同様に、マンションが長期間売れないと、不動産会社の売買の成約に向けた活動が売り出し当初と比べて活発に行われない、という問題も起こります。

マンションを長期間同じ価格で売りに出すことは、売主にとってデメリットの方が大きいです。
売却期間は適正価格であれば1ヶ月から3ヶ月です。
そのため、売却期間は基本的に1ヶ月から3ヶ月を基準に検討することをおすすめします。

6ヵ月も売れないマンションは、市場からは売れ残りと判断されます。相場より売値が高く設定されている可能性が高いです。

売却期間に影響する要素

マンションの売却期間には、3つの要素が影響すると考えられています。

1つ目は、売出価格です。
マンションが売却されない原因として、売出価格が近隣のマンションの相場よりも高く設定されている可能性が挙げられます。
売出価格を設定する際には、近隣のマンションの相場と客観的に比較し、相場との誤差を修正するようにしましょう。

2つ目は、マンションのスペックです。
マンション自体に魅力があるだけではなく、その周辺環境に魅力があることで、早期売却が可能です。
他のマンションにはない特徴をマンション自体や周辺環境から見つけ出し、その情報をインターネット上のサイトや新聞の折り込みチラシで発信することが大切です。

3つ目は、不動産会社です。
不動産会社を選ぶ際には、不動産会社の得意分野を見極め、マンションの適正価格を判断する能力があるかどうかや広告に力を入れているかどうかを調べることをおすすめします。
不動産会社にも売却に関して得意な分野があるため、マンションの売却を検討する際は、マンションの売却を得意としている不動産会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

マンションの平均の売却期間について長崎市の不動産会社が解説しました。
当社は、お客様のマンション売却に向けて、親身になって対応いたします。
長崎市のマンション売却をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。
お客様を精一杯サポートさせていただきます。