長崎市で不動産の売却をご検討の方へ!専任媒介契約と一般媒介契約をご紹介します

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市で不動産の売却をご検討の方へ!専任媒介契約と一般媒介契約をご紹介します

長崎市で不動産の売却をお考えの方はいませんか?
不動産を売却する際には、多くの場合、不動産会社と媒介契約を結ぶことをご存知でしょうか?
今回は、媒介契約の種類と契約の注意点を紹介します。

専任媒介契約と一般媒介契約

不動産を売却する際、多くの場合、不動産会社に買主と売主の仲介役を依頼する契約を結びます。
この契約を媒介契約と呼びます。
不動産会社と結ぶ契約の体系は、専任媒介契約、一般媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。
今回は、専任媒介契約と一般媒介契約に焦点を当てて紹介します。

専任媒介契約とは何か?

依頼者が他の宅建業者に重複した依頼が不能な媒介契約を「専任媒介契約」と呼びます。
この契約を結ぶ利点を3つ紹介します。

1つ目は、不動産会社が不動産売却に向けて力を入れてくれる点です。
当契約の場合、不動産売買の仲介手数料を、1社の不動産会社が確実に利益として得ることが可能です。
そのため、不動産会社も不動産売却のための活動や広報活動に力を入れてくれます。

2つ目は、依頼者は、不動産会社から契約の進捗状況の報告を受けられる点です。
当契約を結んだ際、不動産会社には2週間に1回のペースで不動産の販売状況を依頼者に報告する義務が生じます。
そのため、依頼者は、定期的に不動産会社から契約の進捗状況を確認できます。

一般媒介契約とは何か?

依頼者が他の宅建業者に重複した依頼が可能な媒介契約を「一般媒介契約」と呼びます。
この契約を結ぶ利点を2つ紹介します。

1つ目は、契約を一社に限定しないため、不動産をより多くの人に見てもらえることです。
当契約を締結することで、不動産情報を多くの人に発信し、不動産売買の成約率を上げられます。

2つ目は、買主を売主自身が見つけ出せることです。
当契約では、自分で条件に見合った買主を見つけることに問題はありません。
当契約期間中であっても、個人で買主を探せます。

それぞれの特徴や利点を参考にして、最適な契約を締結するようにしましょう。

媒介契約を締結する際の注意事項

媒介契約を結ぶ際に注意が必要な点が、2つあります。

1つ目は、媒介契約の解約条件を理解しておく、という点です。
媒介契約は、契約締結後3ヶ月が経つと解除されます。

2つ目は、不動産が売却されなかった後のことを想定する、という点です。
媒介契約期間の3ヶ月以内に不動産が売れないという可能性は十分に考えられます。
そのため、不動産が売却されなかった後のことを想定することが大切です。

この2つの点に注意することで、不動産の売却がうまく進まない場合でも臨機応変に対応できます。

まとめ

今回は、2つの媒介契約の種類と契約の注意点を紹介しました。
当記事を参考に、最適な契約を選択して、不動産売却をスムーズに進めていただけますと幸いです。
当社は、お客様第一で不動産売却のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお声がけください。