マンション売却の際の内覧を成功させるには?長崎市の不動産会社が解説します!

「マンションを少しでも高い価格で売却したい」とお考えの方はいますか?
マンションを高額で売却するためには内覧を成功させる必要があります。
そこで今回は、内覧を成功させる秘訣を長崎市の不動産会社が解説します。

内覧当日の対応

内覧は、購入候補者がマンションの購入を判断する重要な機会の1つであり、内覧当日の対応もこの判断に大きく影響します。

内覧当日の対応のポイントは4つあります。

1つ目は、快適な空間を保つことです。
内覧時には、快適な空間を保つようにしましょう。
湿気がないか、乾燥していないか、嫌な空気がたまっていないかを確認し、気になるようであれば空気の入れ替えや空気清浄機をつけておくことをおすすめします。

快適な空間を保つことで、マンションに対する好印象を植えつけられます。


2つ目は、お部屋を明るめに調節しておくことです。
内覧時にお部屋が暗いと、内覧者に悪い印象を与えかねません。
お部屋の照明はすべてつけた状態にしておきましょう。
内覧時のために、電球や照明を明るいものに取り替えておくこともおすすめです。


3つ目は、マンション周辺の情報を提供することです。
内覧時に、マンション周辺の情報を質問されることも多いです。
あらかじめマンション周辺の情報を整理しておき、内覧時に聞かれた質問に答えられるよう準備しておくことが大切です。
マンション周辺の学校や病院の情報、買い物や交通の利便性をアピールすることで、内覧者への印象を高められます。


4つ目は、内覧者の希望に沿った日程調整を行うことです。
内覧の日程は、なるべく内覧者の希望に沿うかたちで調整することが大切です。
内覧者に希望の日程をいくつかピックアップしてもらい、お互いの都合がつく日に内覧を行いましょう。
どうしても都合がつかない場合には、家族や業者の方に対応してもらうことをおすすめします。

内覧者が現れないときの対応策

マンションを売りに出しても、内覧者が現れない場合の対応策として、3つの対応策が挙げられます。

1つ目は、マンションの適正価格を見直すことです。
内覧者が集まらない1つ目の理由として、マンションの価格が近隣の相場よりも高い可能性が挙げられます。
そのため、周辺のマンションの相場を確認し、マンションの適正価格を見直す必要があります。

2つ目は、不動産会社の営業活動を確認することです。
内覧者が集まらない2つ目の理由として、不動産会社の営業活動がうまく実施されていない可能性が挙げられます。
不動産会社がどのような宣伝を行い、広告は出されているかといった広告の内容を確認することが大切です。
契約の見直しも重要であり、一般媒介契約であれば専任媒介契約に、専任媒介契約であれば専属媒介契約に変更することをおすすめします。

3つ目は、マンションの売却時期を変更することです。
内覧者が集まらない3つ目の理由として、同時期に同じマンションから多くの売り出しが行われている可能性が挙げられます。
競合相手が多い場合には、売却時期をずらすことも検討しましょう。

まとめ

内覧を成功させる秘訣と内覧者が集まらない時の対応策を解説しました。
当社は、主に長崎市を中心に活動しております。
長崎市のマンションの売却を検討されている方は、ぜひ当社にお声がけください。