長崎市でマンションの売却をご検討の方へ!かかる費用についてご紹介します

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市でマンションの売却をご検討の方へ!かかる費用についてご紹介します

長崎市でマンションの売却をご検討中の方はいませんか。
マンションの売却の際には、仲介手数料やさまざまな税金の支払いが必要です。
今回はマンション売却時に必要な費用について、長崎市の不動産会社が解説します。

マンションの売却の際にかかる仲介手数料

マンションを売却する際に支払う手数料として「仲介手数料」があります。
これは、マンションの売買が成立した際、売主と買主の仲介役を担った不動産会社に対して支払う報酬のことです。
不動産会社は、仲介手数料を売買契約の成功報酬として受け取ることで利益を得ています。

仲介手数料の相場

一般的に仲介手数料は、「(売買価格×3%)+6万円+消費税」で計算できます。
ただし、不動産の価格に応じて、仲介手数率に違いがでるので、注意する必要があります。

例えば、売買価格が税込200万円以下の不動産の場合、仲介手数料は、「(売買価格×5%)+消費税」で求められます。

先ほど紹介した「(売買価格×3%)+6万円+消費税」は、売買価格が税込401万円以上の不動産に適用されます。

仲介手数料を計算する際には、売買価格を正確に求めることに注意すると同時に、2019年から消費税が増税されていることにも注意する必要があります。

マンション売却の際にかかる税金

マンション売却時にはさまざまな税金を支払う必要があります。
支払う必要のある税金の代表的なものとして、「譲渡所得税」「印紙税」「登録免許税」の3つの税金が挙げられます。

譲渡所得税は、マンションを売却したときの売却益にかかる税で、「売却益×譲渡所得税率」で求められます。

印紙税は、契約書や領収書といった一定の文書にかかる税で、その税額は、文書に記載された金額によって変動します。

登録免許税は、マンションの所有権を売主から買主に移転する際に必要になる税です。

これらの税金は、マンションの所有年数やマンションの住宅ローンが残っているかどうかによって、支払う金額や細かい税率が変動します。
マンションの売却にかかる税金を正確に知りたい場合は、不動産会社に相談することをおすすめします。

まとめ

マンション売却時に必要な費用について、長崎市の不動産会社が解説しました。
当社は、お客様に安心していただけるよう、マンションの売却に関して、丁寧で細かな説明を心がけております。
マンションの売却について何か疑問に感じられることがありましたら、遠慮なく当社までお尋ねください。