住みながら不動産売却はできる?長崎市の不動産会社が解説します!

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

住みながら不動産売却はできる?長崎市の不動産会社が解説します!

「住みながら不動産売却はできると聞いたことがあるけど本当かな」
「住みながら売却を行う場合のメリットとデメリットを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

今回は、住みながら不動産売却を行うことについてお話しします。
住みながら売却する場合のメリットやデメリットもあわせてご紹介します。

不動産売却は住みながら行える?

結論から申し上げると、住みながらのマンション売却は可能です。

たとえば、自宅を売却する前に新居を購入して引っ越す場合、今の住宅ローンと新居の住宅ローンの2つを支払う必要が出てきます。
月々の支払いが増えることを避けるために、住みながら売却活動を行う方が多いです。

メリットをご紹介!

住みながらの売却では、引渡しの直前まで自宅マンションに暮らせます。
また、引っ越しも1回で済むので、引っ越しの手間や費用を削減できます。

デメリットをご紹介!

住みながら売却では、引渡しの直前まで実際に住んでいるため、内覧の際に生活感や生活臭が伝わってしまいます。
そのため、販売活動期間中はできるだけ部屋を掃除して清潔な状態を保つ必要があります。
また、内覧希望者とのスケジュール調整をする必要があるのもデメリットとして考えられます。

住みながら売却する際のポイントとは?

住みながらの売却を成功させるうえで、重要なのが内覧です。
内覧を成功させることで売却できる可能性が一気に高まります。
ここでは、内覧の質を上げるための方法をご紹介します。

まずは、家の印象を良くすることです。
最低限の掃除を行い、清潔な居住空間を維持しましょう。
掃除の際には、見た目をモデルルームに寄せることを意識すると良いでしょう。
引っ越し前の準備の1つだと考えて、不要なものは早めに処分するなどして物の量を減らしたいですね。

また、水回りが汚いと、物件の印象が一気に悪くなってしまいます。
水回りの掃除はとくに入念に行いましょう。

内覧日当日にも意識したいポイントがあります。

1つ目は、内覧時に必要な数のスリッパを用意することです。
2つ目は、部屋の照明をすべて点けておくことです。
明るい印象の家は好印象につながりやすいです。

まとめ

今回は、住みながら不動産売却をする場合のメリットやデメリットをご紹介しました。
内覧の質を上げることで、売却できる可能性が高まります。
当社は、「お客様目線」をモットーに、お客様一人ひとりに最適なご提案をいたします。
長崎市周辺の不動産のことなら当社にお任せください。