不動産を高く売るコツについて不動産業者が紹介します!

不動産の売却を考える上で、「高く売るコツを知りたい」とは誰もが思うのではないでしょうか。
今回は不動産を高く売るコツを紹介します。
長崎市にお住まいの方は必見です。

□不動産売却で高く売るコツとは

物件を売るときには、売り出し価格設定をします。
これは、購入希望者の注目を集めるのにとても役に立ちます。
この設定の時に気を付けるべきポイントを紹介します。

1つ目は、査定の主導権を握ることです。

売り出し価格は高すぎても低すぎても良くないです。
高すぎると、購入希望者は見てもらえません。
低すぎるのは、言うまでもないでしょう。

査定を不動産会社に丸投げしてしますと、自分の考えていた金額より安くなっている場合があります。
そのため、自分の意見も含めた金額設定をしましょう。

2つ目は、相場を自分で把握することです。

相場を調べて、それに見合った金額をつけることが大切です。
先ほども言った通り、金額は高すぎても低すぎても良くありません。

自分で相場を理解することで、不動産会社と話し合うなかで、希望の金額を提示しやすいでしょう。

3つ目は、値引き交渉をあらかじめ織り込むことです。

不動産売却に値引き交渉はつきものです。
値引きに応じたほうが相手からの印象も良いでしょう。
そのため、売り出し価格は値引き交渉を含めたくらいの金額にしておきましょう。

□家の査定でのポイントとは

不動産を売却する場合、机上査定の後に訪問査定があるのがほとんどです。
特に見られるポイントを紹介します。

1つ目は、立地や周辺環境です。

売却したい不動産があるエリアはもちろんですが、そこから最寄り駅までの距離やスーパーの有無は見られます。
生活利便性は査定での重要なポイントです。

2つ目は、方角や日当たりです。

一戸建てやマンションの場合は、窓の方角やリビングの日当たりなどは、現地に行かないとわからないので、チェックされます。
マンションの場合、階や部屋の場所もチェックポイントです。

3つ目は、広さや間取り、生活動線です。

写真などの情報で見る広さと実際に入ってみたときに感じる広さは異なるでしょう。
間取りに関しても同じことが言えます。
また、生活動線が使いやすいかということもポイントです。

□まとめ

今回は不動産を高く売るコツについて紹介しました。
不動産会社と相談しながら、自分の意見を織り込むことが大切です。

当社は、丁寧な対応がオーナー様から好評です。
不動産を売りたいとお考えでしたら、ぜひ当社にご相談ください。