不動産売却をお考えの方必見!メリット・デメリットを不動産会社が紹介します!

不動産の売却を考える上で、「売却のメリット・デメリットが分からない」と思う方も多いでしょう。
今回は、不動産売却のメリット・デメリットをまとめて紹介します。
長崎市にお住みの方は是非ご覧ください。

□不動産売却のメリットとは

不動産売却のメリットは大きく4つあります。
順に紹介します。

1つ目は、現金化できることです。

これは一番のメリットと言っても良いでしょう。
使用していない不動産でしたら、資産を現金化できます。
そうすることで、資産運用がしやすくなります。

運用方法は人によりますが、ローンの残りの完済や、新しい不動産購入の購入資金にするなどが例として挙げられます。

2つ目は、維持費が不要になることです。

どんなものにも経年劣化は存在します。
それは建物も例外ではありません。
たとえ使用していない建物でも、年月が経つにつれ劣化していきます。
そのため、維持費がかかります。

使用していない建物を売却すれば、維持費の必要性がなくなるというわけです。
少しでも負担は減らしたいですよね。

3つ目は、戻ってくるお金があることです。

住宅ローンを組むとき、ローン借入時に保証金を払いますよね。
不動産を売却した代金でローンを完済すれば、その保証金が戻ってくる場合があります。

4つ目は、税金の軽減です。

不動産には、いくつか税金がかかります。
そのため、維持費と同じように、使用していなくても負担があるわけです。
売却してしまえば、この税金の負担が軽減できます。

□不動産売却のデメリットとは

もちろんメリットがあれば、デメリットも存在します。
不動産売却がデメリットになるのは、基本的に高く売れない場合や売却の諸経費によって考えていたほど収益が出ない場合です。

詳しく紹介していきます。

1つ目は、仲介手数料や譲与所得税などの諸経費がかかる場合です。

不動産を売却する場合、印紙税や測量費、仲介手数料などの費用が発生します。
これが思ったより高くなることもあります。
経費も含めてしっかりシミュレーションしておきましょう。

2つ目は、すぐに売却できるとは限らないことです。

当たり前ですが、売買は買い手がいないと成り立ちません。
売りたいときに売れるかわかりませんし、値段も思い通りにならないかもしれません。

3つ目は、タイミングによって売却額が異なることです。

不動産の価格は常に変動しています。
売却時期を誤ると、大きく損をしてしまう可能性があります。

□まとめ

不動産売却のメリット・デメリットを紹介しました。
自分の満足のいくように売却するために、メリット・デメリットをしっかり確認しておきましょう。