マンションを売却したい方必見!住民票を移動させる方法とタイミングについて解説します!

「マンションを売却する際に住民票を移動させるタイミングについて知りたい」
「住民票を移さないとどうなるのかについて知りたい」
長与町でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
売却の際の住民票の移動について気になっている方は多いと思います。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

□マンション売却の際、住民票を移動させる方法について

皆さんは、売却の際に住民票を移動させる方法についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでまずは、移動の方法について解説します。
ぜひこの機会に理解を深めておきましょう。

まず、同一の市町村内に引っ越す場合です。
この場合には、転居届を役場で提出するだけで大丈夫です。

続いて、他の市町村へ引っ越す場合の流れです。

1つ目は、元の市町村役場に行って転出届を提出することです。
2つ目は、元の市町村役場で転出証明書を受け取ることです。
3つ目は、引っ越し先の市町村役場に行って転入届を提出することです。

以上が、移動の方法についてでした。

□移動のタイミングと移動しないとどうなるかについて

ここまで、移動の方法について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、移動のタイミングについてと、移動しないとどうなるのかについて解説します。

まずは移動のタイミングについてです。
原則、引っ越し後14日以内に移動する必要があります。
違反した場合には、罰金などが科される場合があります。
住民票を移すのは、国民の義務であるため、しっかりと覚えておきましょう。

しかし、例外もあります。

1つ目は、新居に住む期間が1年以内であると決まっている場合です。
2つ目は、生活の拠点にするわけではない場合です。

このような場合には、必ずしも移す必要はありません。
ただ、一般的には、不動産売却は上記に該当しない場合が大半であるため、基本的には売却に伴って移動は必要であると考えておきましょう。

続いては移動しないとどうなるのかについてです。
1つ目は、選挙の投票ができないことです。
2つ目は、古い住所の税務署で確定申告をする必要があり面倒であることです。
3つ目は、印鑑登録も古い住所のままになるため実印を利用できないことです。

以上が、移動のタイミングと移動しないとどうなるのかについてでした。

□まとめ

今回は、マンションの売却をお考えの方に向けて、住民票について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、住民票の移動を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。