マンションの売却を考えられている方へ!エアコンはどうすればいいのか解説します!

「マンションを売却する際エアコンはどうすればよいのか」
長与朝でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
売却の際、エアコンは外すべきなのかそのままにするべきなのか、お悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

□マンション売却でエアコンはどうするべきか

皆さんは、マンションを売却する際、エアコンはどうするべきであるとお考えでしょうか。
そのままにするのか外すのかで迷いますよね。
そこでまずは、どちらがよいのかについて解説します。

結論、照明やエアコンなどといった付帯設備は、外すのが基本です。
しかしこれは、明確なルールによって定められているわけではありません。
つまり、買主との相談で決めればよいのです。

撤去せずに置いておく場合には、買主に伝えて了承を得る必要があります。
必ずしも喜ばれるわけではないですし、買主の意思も尊重するようにしましょう。

以上が、外すべきかそのままにするべきなのかについてでした。

□残す場合と撤去する場合のそれぞれの注意点について

ここまで、どちらがよいのかについて解説しました。
どうするべきか、イメージが湧いたのではないでしょうか。
そこで続いては、それぞれの場合の注意点について解説します。
注意点について把握しておくことで、失敗や後悔を防げます。

まずは残す場合の注意点についてです。

1つ目は、付帯設備表に記載しておくことです。
売買契約を結ぶまでに買主へ交付しましょう。
もし、残すエアコンになんらかの動作不良がみられる場合については、トラブルを防ぐためにも付帯設備表に明記しておく必要があります。

2つ目は、契約不適合責任の規定について知っておくことです。
残すエアコンは中古家電であるため、あとになって故障する可能性がありますよね。

引き渡された物件が契約の内容にしっかりと適合しているかどうかが問題となります。
適合していない場合には、売主が修繕などの責任を負うこととなります。

続いて、撤去する場合の注意点についてです。
売買契約を結ぶまではエアコンを外さないということです。
なぜなら、内覧時に快適な室温を保てなくなってしまうからです。
そうなると、ゆっくりと見学できませんし、売買に影響が出てしまう可能性があります。

以上が、注意点についてでした。

□まとめ

今回は、マンション売却をお考えの方に向けて、エアコンについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、マンション売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。