長崎市で家を売却したい方へ!築年数と売却相場の関係を詳しく解説します!

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

長崎市で家を売却したい方へ!築年数と売却相場の関係を詳しく解説します!

家の売却価格は、築年数と深く関わっていることをご存知でしょうか。
それを理解せずに売却活動を始めてしまうと、想定とは違う結果になる可能性も高くなります。

そこで今回は、築年数と売却相場の関係について解説します。
長崎市で家を売却したい方は、ぜひ参考にしてください。

□価格相場と築年数の関係について解説します!

一戸建て住宅の場合、築年数が長ければ長いほど価値が落ちていきます。
住宅情報サイトを見ると、築年数の古い物件が安く売られている傾向にあるのが、よくわかるでしょう。
一戸建て住宅は土地価格と建物価格の2つの価格に分けられますが、土地価格は不動産市況の影響を受けやすいですが、住宅地の価格はそれほど影響は受けません。
しかし、一戸建ての木造住宅の価格は、築年数が経つにつれて下がっていき、20年後には、ほとんど価値がなくなってしまう場合もあります。
また、一戸建てとマンションの中古価格相場は異なり、一戸建ての方が下落スピードが速い傾向があります。
一戸建ては木造建築が多く、老朽化が他に比べて速いのが特徴です。
長年にわたる雨風や湿気などの影響によって老朽化が進みますが、メンテナンスや設備交換を行えば、性能維持は可能です。
しかし、住宅市場においては、老朽化しやすいものとして評価されてしまいます。
一方で、分譲マンションの多くは鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造であるため、老朽化がゆっくり進みます。
そのため、木造住宅に比べると劣化しにくいと評価され、価格の下落も緩やかです。

□売却相場を調べる際の注意点を解説します!

まず、家の売り出し価格と成約価格に差があるものだと理解しておくことです。
不動産ポータルサイトには売り出し中の物件が多く掲載されており、近い条件の物件は多く見つかるでしょう。
しかし、それはあくまでも売り出し価格なので、成約価格とは差があることを頭に入れておきましょう。

また、相場通りで売れない場合もあることも理解しておく必要があります。
自分が予想した、妥当だと思っていた価格よりも、低い価格を不動産会社から提示されることがあります。
売却希望時期が迫っており、より早く売るために価格を下げなければならない場合もあります。
しかし、売却の仕方次第では相場よりも高く売れる場合もあるので、希望は捨てずに色々と相談すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、築年数と売却相場の関係について解説しました。
自分の不動産の状況をよく見極めて、早い決断を心がけると良いでしょう。
当社は、所有者様への心配りも忘れず、物件査定からすべての工程を秘密厳守で行います。
査定は無料で行っているので、気軽にご相談ください。