離婚を機に家の売却をお考えの方へ!適切なタイミングを解説します!

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

離婚を機に家の売却をお考えの方へ!適切なタイミングを解説します!

長崎市にお住まいの方の中で、離婚の際に住宅をどうすべきかお悩みの方にお伝えしたいことがあります。
そこで今回は、離婚の際に家をいつ売却するべきかを中心に紹介します。

□離婚の際に家をいつ売るべきか解説します!

離婚の際に家を売るタイミングとしては、主に離婚前と離婚後の2つに分けられます。
売るべき時期としてどちらかが圧倒的に優れているわけではなく、ご自身の状況によっておすすめの時期は異なります。

家が売却されるまで離婚せずに済む方は、離婚前の売却がおすすめです。
住宅が売却されるまでにかかる期間としては長くてだいたい半年程度はかかりますが、それまで離婚を待てる人の場合は、離婚前に住宅売却を検討しても良いでしょう。

離婚後にやり取りをすることや、揉め事になることを避けたい方は離婚前の売却がおすすめです。
不動産を売却する際には、お互いの同意を得るためにも連絡がしやすい方が何かと都合が良いです。
またお互いの正確な同意が得られないまま売却手続きが進まなくなっていくと、ストレスが溜まって揉め事にも発展しやすいです。
離婚後に問題を持ち込みたくない人は、離婚前に住宅は売ってしまいましょう。

逆に早く離婚したかったり、家を高く売りたかったりする人は、離婚後に売るのがおすすめです。
先ほども紹介した通り、住宅の売却には時間がかかるため、とにかく早く離婚したい人は離婚の成立を優先しましょう。
また住宅をできるだけ高い値段で売るためには、売却活動に長い時間をかける必要があるため、離婚後にひと段落してからの方がおすすめです。

□住宅を買い取ってもらうことの利点とは?

離婚をできるだけ早くしたいという願望がある一方で、現金もなるべく早く手に入れたい方には不動産会社に住宅を買い取ってもらえる「買取」という方法がおすすめです。
買取の利点は、早く売れるため現金化が素早いという利点以外にもあります。

1つ目は、売却がスムーズであることです。
買取という方法を使うことで、住宅の新しい買主とのやり取りが必要なくなるためトラブルを避けられるのでおすすめです。

2つ目は、周りに知られにくいことです。
仲介と違って、ホームページやチラシに広告が載ることがないため、ご自身のプライバシーをも守りながら住宅の売却を進められます。

□まとめ

今回は、離婚の際に住宅を売却するおすすめの時期を紹介しましたがいかがだったでしょうか。
住宅の売却を検討している方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。