転勤を機に家は売るべき?判断基準や売却手順を解説します!

長崎市にお住まいの方の中で、転勤の際に今住んでいる家をどう扱うべきかお悩みの方は多いと思います。
そこで今回は、転勤に際して家を売ることを考えている方へ、売却までのステップをご紹介します。

□転勤の場合の家をどうするべきか紹介します!

転勤の場合に家をどうした方が良いのかは、ご自身がどれくらいの期間転勤するかによって大きく異なります。

1つ目の方法は、空き家にしたままにして一時的に放置するという方法です。
こちらの方法がおすすめなのは、主に1年以内に転勤が終了する見込みのある方です。
というのも、1年以内にその住宅に新しい買主や借主が見つかるのはあまり現実的ではないからです。
また一般的に、長い間住むことができない住宅の家賃はどうしても安くなりがちなためメリットも少ないでしょう。

2つ目の方法は賃貸にして貸し出すというやり方で、おおよそ3年以内に転勤先から帰ってくる見込みのある人におすすめです。
賃貸住宅への需要がある地域にお住まいの方におすすめですが、短期間での貸し出しのため家賃が安くなったり、リフォームやクリーニングをしてからでないと貸し出せないこともあるため注意してください。
他には、賃貸の期間を限定するために定期借家契約で貸し出すことと、住宅ローンの契約違反との兼ね合いに注意しましょう。

また、転勤先から戻れるか分からない方は売却の検討がおすすめです。
また、賃貸需要があまりない地域や、住宅ローンの支払いに圧迫されるのが心配な方も、売却の検討をしましょう。

□家を売却するためのステップをご紹介!

1つ目のステップは業者とのやり取りです。
まずは、業者に依頼して住宅がおおよそいくらで売れそうか査定してもらいましょう。
その後、ご自身が納得できる査定を出した業者を選んで媒介契約を結びましょう。
このとき、細かい契約内容や物件の宣伝方法をしっかりと確認しましょう。

2つ目のステップは購入希望者とのやり取りです。
まずは、購入希望者とスケジュールを合わせて内覧に応じましょう。
このときご自身がすでに転勤先にいて内覧に何度も応じれない場合には、不在時の対応を業者とあらかじめ話し合っておきましょう。
購入希望者が購入を決定したら、売買契約を成立させましょう。

最後に、物件の引き渡しをして完了となります。

□まとめ

今回は、転勤の場合に家をどうするべきかについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。
長崎市・時津町・長与町周辺で転勤の際に住宅を売却することを検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。