相続した実家を処分したい方へ!オススメの処分方法を解説します!

長崎市に相続した実家が残っている方で、処分したいが方法がわからずお困りの方にお伝えしたいことがあります。
実家を長い間放置すると、様々な問題が発生してしまうので注意が必要です。
そこで今回は、実家を処分する具体的な方法について詳しく紹介します。

□実家を放置するのはなぜ問題なのか?

1つ目の問題点は「固定資産税がかかること」です。
ご存知の通り、不動産を所有していると毎年固定資産税がかかります。
例えば子供に不動産を相続させた場合、不動産をうまく活用はできないのに毎年税金はかかってしまうという悩ましい状況になってしまいます。

2つ目の問題点は「老朽化」です。
予想外かもしれませんが、人が住んでいない家は日頃の手入れや掃除が行われず老朽化が早いのも事実です。
劣化が進んだ状態で地震が発生してしまったら、倒壊のリスクが高まるだけでなく、実際に倒壊して莫大な修繕費用や手間がかかることもあるため注意が必要です。

3つ目の問題点は「近隣住民との揉め事」です。
家を放置していると、雑草が繁殖したり害虫や害獣の温床となったりするため、近隣住民の迷惑となることがあります。

4つ目の問題点は「解体すると税金の支払い額が増加すること」です。
倒壊のリスクを考えたときに、「じゃあ、家だけ崩して更地にしてしまおう」と考える方もいると思いますが、更地にすることで問題も発生します。
実は固定資産税は、住居が立っている場合に納税額が減額されるケースがあります。
しかし更地にしてしまうとその減額のケースから外れてしまうため、結果的に納税額が膨らんでしまいます。

□実家を処分する具体的な手段をご紹介!

1つ目の手段は不動産業者に仲介してもらうことです。
業者に仲介を依頼することで、面倒な作業の多くを任せられるのはおすすめです。
しかし、仲介手数料が最大で売価価格の3パーセント+6万円必要となるため覚えておきましょう。

2つ目の手段は業者に買い取ってもらうことです。
業者はなるべく安い値段で買い取りたいため、少し安い売却価格となる場合があります。
しかし一方で、現金が手に入るまでが仲介よりも早いといった利点もあります。

他にも、ご自身で買取人を探すといったケースも少しだけ存在します。

□まとめ

今回は、実家を放置する問題点や売却する手段について紹介しましたがいかがだったでしょうか。
こちらの記事で紹介した方法で、実家はなるべく早く処分してしまいましょう。
使わなくなった実家の売却を検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。