不動産売却をお考えの方へ!確定申告の際の必要書類について解説します!

リック不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日 年末年始 夏季休暇 GW

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

不動産売却をお考えの方へ!確定申告の際の必要書類について解説します!

「不動産売却の時の確定申告の際の必要書類ってなに」
このようにお悩みの方は必見です。
不動産売却の時の確定申告の際の必要書類って何かわからないですよね。
この記事では、不動産売却の時の確定申告の際の必要書類について詳しく解説します。

□不動産売却に確定申告が必要な場合について

不動産売却に確定申告が必要な場合について解説します。
不動産を売却したら、確定申告をする必要があります。
ですが、それぞれの状況によって変わることがあります。

まず、不動産を売却して利益が出た場合についてです。
利益が出た場合は、確定申告が必要です。
売却した利益の金額によって税金が変わります。

不動産の譲渡所得として計上した後、所得税と住民税として利益を納める義務があります。
税金の金額は、給与所得とは別で計算します。
所有年数によって税率をかけて、税の金額を計算します。

次に、不動産を売却して損益が出た場合についてです。
損失が出た場合は、確定申告が必ず必要な訳ではありません。
条件を満たすことで、損益通算と繰越控除の措置を受けられます。
ですが、確定申告をすることが、特例の措置を受ける条件となっているので、特例措置を受けたいという方は、次の
章で紹介する書類を準備して確定申告を行いましょう。

□不動産売却の確定申告に必要な書類について

不動産売却の確定申告に必要な書類について解説します。
不動産売却の確定申告に必要な書類は、3つあります。

・確定申告書B様式
・分離課税用の申告書
・分離課税用の申告書
上記の3つの書類です。

確定申告書B様式は、それぞれの種類に限らず、使用できる確定申告書です。
この書類を近くの税務署や市役所でもらえます。

分離課税用の申告書は、不動産の所得を記入する書類です。
譲渡による不動産の所得は、分離して課税する制度が採用されます。
この書類も確定申告書B様式と同様に近くの税務署や市役所でもらえます。

譲渡所得の内訳書は、売却不動産の不動産の売却額などの各種費用、所在地、代金の受け取りの状況などを記載する書類です。
これは、売却した後に国税局から送られます。

□まとめ

不動産売却の時の確定申告の際の必要書類について詳しく解説しました。
不動産売却に確定申告が必要な場合と不動産売却の確定申告に必要な書類に関して理解した上で手続きを進めましょう。
専門的な知識が必要で、わからないことも多いと思うので、長崎市・時津町・長与町周辺でお困りの方はぜひ一度当社にご相談ください。